*

心中の虫

公開日: : 吸血鬼小説

シリル・M・コーンブルース

※ネタバレしています※

核実験の放射能の影響で、人の心の声を聞くことができ、吸血の欲求を持った子供が生まれる。その子供は、母親に捨てられ、孤児院で成長した。子供(=心中の虫)は、養父母に引き取られるが、すぐにその家を飛び出し、吸血と放浪の生活をしながら生きていく。
心中の虫は、人の心を読めるのを武器にして、人の先回りをしては吸血の餌食を襲い、うまく逃亡する。そうやって、あらゆる土地で吸血を行い、生活するために金も稼いだ。
しかし、東欧の移民たちの多く住む町で、吸血鬼であることを見抜かれ、を打たれてのどを切り裂かれ、滅ぼされる。

●吸血鬼としての特徴
・吸血のスピードが速い(「一瞬」で片付けている)
・杭を打ち、大鎌でのどを裂かれて滅ぼされる
・人の心が読める
・普通の食事もできる
・日光にあたっても平気らしい
・吸血鬼を「伝染」させる様子は見られない
・人の心を読む能力は、「人の頭の中にある言語による思考」を読んでいるので、自分の知らない外国語の思考は読めない。言語思考に乗らないレベルの思考も読めない

《邦訳状況》
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔」に収録。武藤崇恵訳。

関連記事

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

PAGE TOP ↑