吸血鬼よけの方法

吸血鬼よけの方法

わが家の十字架です

↑これ、わが家に有る唯一の十字架。 人にいただいたものなので、値段は不明。しかし、いわゆる「高価」なものではないと思われる。 くださった方は、私の吸血鬼好きを知らないので、「吸血鬼よけにしなさい」という主旨でいただいたものではな...
吸血鬼よけの方法

吸血鬼を人間に戻す方法

吸血鬼を人間に戻す方法を紹介します
吸血鬼よけの方法

埋葬時に、布を口の中に詰める

死者を埋葬するときに、屍衣の端や、死体を包む布の端を、死者の口の中に入れておくと、死者は墓から吸血のために出てこないといわれる。 要するに、「何か噛ませておいて、人を噛むのをやめさせよう」という発想であり、一種の「おしゃぶり」であろう。
吸血鬼よけの方法

硬貨

死者の口の中に硬貨を入れると、死者が吸血鬼になって蘇ることはないといわれる。吸血の欲望を、擬似的に満たす、という意味のようである。 ということは、硬貨ならば何でも良いと思われるので、日本の10円玉でも、なんなら1円玉でも大丈夫なのだろ...
吸血鬼よけの方法

ケシの種

墓の中に、ケシの種を入れるか、墓から街に通じる道にケシの種をまく。 または、家の入り口の前にまく。 なぜか、吸血鬼には、ケシなどの植物の種を見ると、それを数えなければならないという習性がある。 つまり、上記の方法は、ケシの...
吸血鬼よけの方法

魚網

吸血鬼になる可能性が高い死者の棺に、あらかじめ魚網を入れておくと、吸血鬼は棺から出てこられないので、その被害に遭わずに済む。 「出てこられない」というか、蘇ろうとする吸血鬼は、棺の中の魚網の網目を、年に一個ずつほどいていくのだという。...
吸血鬼よけの方法

焼却

死体を焼却すると、蘇るべき体が無くなるので、吸血鬼は死んでしまう。
吸血鬼よけの方法

聖餅

キリスト教で、ミサなどに使われる聖パン。 ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」では、ウエハース状のものが使用されている。 十字架と同様、キリストの力で、吸血鬼を退けることができる。 ただし、キリスト教圏以外の吸血鬼には無力と思...
吸血鬼よけの方法

聖水

キリスト教の司祭によって祝別された水のこと。ミサなどで使用される。 これをかけられると、吸血鬼にとっては、多分「熱い」らしい。 吸血鬼小説や、映画では、聖水をかけられた吸血鬼は、皮膚が焼け爛れたようになり、蒸気がしゅーしゅー出た...
吸血鬼よけの方法

ニンニク

吸血鬼は、ニンニクの匂いを嫌うので、生のニンニクや、ニンニクの花をそばに置いておくと、近づいて来られない。 よって、扉や窓などの、そこから吸血鬼が入ってくる場所に置くと効果的である。本人がものすごく臭い思いをするが、首に掛けるなどして...
タイトルとURLをコピーしました