墓地の管理人

ジャン・レイ(Jean Ray)

※ネタバレしています※

「あっし」は、仕事も、金もなく、ある町に流れ着いた。
その町の、親切な居酒屋の親父が、セント=ギトン墓地の、管理人の仕事を世話してくれた。

仕事仲間は、ヴェリッチョとオシップ。二人は、ルンペン同然の「あっし」に、暖かい服と、たっぷりの食事を用意して迎えてくれた。
「あっし」に、仕事らしい仕事はなく、墓地を巡回するだけ。外部には出ない、連絡も取らないとの規則があり、生活は単調なもの。
セント=ギトン墓地は、8年間埋葬が行われたことはないという。そして、これからも、行われることはない。なぜなら、オポルチェンスカ公爵夫人が、この墓地を買い取り、自分を最後に、ほかの人間は誰も埋葬できないようにしてしまったからだ。

三人の中で、オシップが料理人を務め、食事を作る。非常に腕のいい料理人である。
オシップは、「チャー」とか「スカー」とかいう飲み物を作ってくれる。これを飲むと、あっという間に眠気を催す。

良い食事と、単調な生活で、「あっし」は太るかと思いきや、なぜか衰弱するばかり。そして、左耳の後ろに、妙な傷ができて治らない。
ある日、「あっし」は、ほかの二人は、自分と一緒にチャーを飲んだふりをするが、飲んでいないことを知る。
「あっし」は、二人のお茶にチャーを混ぜ、二人を眠らせ、夜中に何が起こるのか確かめようとする。
すると、窓から何かが侵入してきて、「あっし」の左耳の後ろから血を吸い始めた。
「あっし」は、自分を吸血のいけにえにしたオシップとヴェリッチョを撃ち殺し、吸血鬼と化したオポルチェンスカ公爵夫人も撃ち殺した。

●登場する吸血鬼の特徴
ドラキュラ型吸血鬼の一種。
・吸血場所は、「左耳の後ろ」。喉ではない。
・多分、普通の銃で撃ち殺せるらしい。
・吸血鬼になったいきさつは不明。
・恐ろしい叫び声を上げる。
・生前の姿の描写は一切無く、美女かどうか不明。

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする