吸血鬼の胸を杭で刺すと、吸血鬼は死んで、二度と吸血鬼として現れなくなる。杭の素材は、一般的にはサンザシが使われるが、ロシアでは、ハコヤナギやカエデで作るのが良いとされる土地もある。

胸に杭を打つという行為を、現実的に考えると、どんなに先を尖らせたとしても、人の体を突き通すのは、かなり困難かと思われる。映画などでは、「右手にハンマー、左手に杭」を持った人が一人で打っているのをよく見るが、怪力の男性であったとしても、二人以上でするべき仕事のように思う。

スポンサーリンク


特殊な杭を使った例

「吸血鬼の家族」では、「ヤマナラシの木で作った杭」と、木の種類が指定されている。(しかし、物語の最後に、ヤマナラシの杭を打たれた吸血鬼が、杭を引きずりながら現れるので、樹木の指定に意味があったのかどうか不明)
※ヤマナラシは、ハコヤナギ属の樹木である。

「炎の十字架」では、雄ジカの角で作った杭が使われる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする