吸血鬼小説

吸血鬼小説

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ城に馬車で向かう場面の別バージョンのようになっている 「吸血鬼ドラキュラ」には無いエピソード、「吸血鬼の蔓延で滅びた村」で起こること...
吸血鬼小説

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸衣装屋で、ハロウィンの衣装を借りる。ヘンダースンが選んだものは、店主が「本物の吸血鬼のマント」と呼んだものだった。貸衣装屋にも関わらず、店主はマ...
吸血鬼小説

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品である。 《あらすじ》 「わたし」は、なぜか眠っているあいだに、消耗することを自覚し、病気かと思うようになる。 やがて、自分の家の...
吸血鬼小説

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の夢として語られる物語。 「島の指導者が、人間の血を食料にしている〈血税の島〉というところにつれていかれた。島の住人は、満月の夜に血を徴収さ...
吸血鬼小説

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話。 スミスは、自分を吸血鬼だと主張する。ドーカスという娘に噛まれ、吸血鬼にされてしまい、そのために、マントを買うわ、棺を買うわで出費がかさ...
吸血鬼小説

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏をさばくのを見るのが好きな少年。ダグラスの気にくわないヤツは、二階に下宿しているコーバーマン氏である。 彼は、初めて会ったときから、ダグラス...
吸血鬼小説

お客様はどなた?

オーガスト・ダーレス作 ※ネタバレしています※ 吸血鬼の姉弟が、通りすがりの仮装パーティーに紛れ込んで獲物を探す(ホストには、「ドラキュラ伯爵と夫人」だと名乗って入る)。 二人は、姉のマリラが目をつけた男をターゲットにし、二人...
吸血鬼小説

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニアは、50年以上前に作られた伝説の吸血鬼映画、「夜の子供たち」のスキャンダル(撮影から公開までに、主演俳優を含め、三人の人が死んでいる)につ...
吸血鬼小説

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 ※ネタバレしています 南イタリアに、塔のある別荘を持つ男が、ある日その家に友人を招いた。 夜になり、塔から外を見ていた友人は、近くにある塚に月光が...
吸血鬼小説

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン・ポワトヴァンは、吸血鬼と人間のハーフ。父親は、偉大なる吸血鬼:ドラキュラ伯爵である。カルパチア山脈の〈流血の城〉で生まれ育ったが、人間たち...
タイトルとURLをコピーしました