恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )

ワラキア公ブラド・ドラキュラの、不可解な死と、墓から消えた死体の謎を、ある名も無いノスフェラトゥが仕組んだ大芝居だとする物語。

●登場する吸血鬼の特徴
十字架聖水ニンニクが嫌い
・腐臭がする
・夜霧に姿を変えることができる
・丸顔
・死んでから1世紀くらいたっている
・初めて入る家には、「入れ」と言われないと入れない
・動物を操れる
・目が合った人間の意思を奪える

《邦訳状況》
●竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする