吸血鬼

吸血鬼
ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作

ストーリー

夢想家のオーブレーは、ルスヴン卿という、超然と浮世離れした男に興味を持ち、共に旅に出る。
旅の途中で、ルスヴン卿が、品性が疑わしい男だと気づいたオーブレーは、彼が辱めようとしていた女性を救い、彼と袂を分かち、一人ギリシアに旅する。
オーブレーは、旅先で、純真な娘、イヤンテに出会い、好意を持った。イヤンテは、古い迷信の吸血鬼のことを話してくれた。
数日後、イヤンテは、吸血鬼が出ると信じられている森の中で、何者かに首を噛まれて死んだ。亡くなったイヤンテのそばには、変わった細工の短剣が落ちていた。

吸血鬼事件のショックで、倒れたオーブレーを、仲違いしたはずのルスヴン卿が見舞いに来た。
ルスヴン卿は、心を入れ替えたと言い、先の旅を共に進もうと言う。オーブレーは、彼の言葉を信じて、二人で旅をすることにした。しかし、山道で賊に襲われ、ルスヴン卿は死んでしまう。死の間際に、「自分の死んだことは誰にも言わない」と誓わされる。

翌日、不思議なことに、ルスヴン卿の死体は、どこかに消えうせていた。
遺品を整理したオーブレーは、彼の荷物の中に、イヤンテの死体のそばにあった短剣の鞘を発見。ルスヴン卿の正体は吸血鬼なのか?

スポンサーリンク


補足情報

  • 本作は、発表当初、「ニュー・マンスリー・レビュー誌」にバイロン作と記載されたため、大衆にバイロン作と信じられた
  • ポリドリは、邪悪なルスヴン卿を、明らかにバイロンをモデルにして描いている
  • ポリドリは、バイロンの主治医
  • 本作の構想は、バイロンが書きかけていた吸血鬼物語を骨子に作られたもの

登場する吸血鬼の特徴

  • 首から血を吸う
  • 吸血された側が、吸血鬼になるかどうか不明

邦訳状況

●新人物往来社「怪奇幻想の文学 1 真紅の法悦」に収録。平井呈一訳。現在絶版。
●薔薇十字社「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。
●河出文庫「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。
●大和書房「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする