ロンドンの吸血鬼

1946年から、1949までに、ロンドンで9名の被害者を出した、ジョン・ジョージ・ヘイグによる連続殺人事件のこと。
ヘイグが、「吸血の欲求を満たすために9人を殺した」との手記を発表したため、世界的に「ロンドンの吸血鬼」として有名になった。
被害者は、

ウィリアム・ドラルド・マック・スワン
35歳くらいの金髪の女
マック・スワンの父
マック・スワンの母
マックスと名乗る青年
アーチボルド・ヘンダーソン
ローズ・ヘンダーソン
メアリーと名乗る外国人
オリーブ・デュラン・ディーコン

以上、9名。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする