アーチボルド・ヘンダーソン

ロンドンの吸血鬼事件の、6番目の被害者。《ロンドンの吸血鬼》こと、ジョン・ジョージ・ヘイグに殺され、喉から血を吸われた。

アーチボルド氏は、ロンドンのフーラムに住む医者で、妻ローズと暮らしていた。別荘を売りに出す広告を新聞に載せたため、ヘイグに目をつけられた。
ヘイグは、ヘンダーソン夫妻の希望額よりも、高い値段で別荘を買うと言って近づいた。
ヘンダーソン夫妻は、別荘の売買の話のうちに、ヘイグと親しくなった。
アーチボルド氏は、セレブ御用達の医者で、収入が多く、夫婦は贅沢に暮らしていた。ヘイグは、財産目当てに近づいたものと思われるが、結局アーチボルド氏の財産には、手を付けることはなかった。(つける暇がなかった?)夫妻の飼っていた犬を、短い期間手元で育てただけである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする