血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)

精神科の医者と、患者スミスの会話。
スミスは、自分を吸血鬼だと主張する。ドーカスという娘に噛まれ、吸血鬼にされてしまい、そのために、マントを買うわ、棺を買うわで出費がかさみ、やりきれないという。しかも、昼間出歩けなくなったため、仕事もうまくいかないという。
ニンニクが嫌いになり、教会には近づけなくなり、スミスは困り抜いているとうったえる。
医者は、「簡単に治る」と言い、手の中で玩んでいたナイフで……。(後は読んでもお楽しみ)

●登場する吸血鬼の特徴
・青白い顔色
・マントを着ている
・赤く充血した目
・昼は寝ていて、夜活動する
・中に土を敷き詰めた棺おけで眠る
・鏡に映らない
・ニンニクの匂いが嫌い
・流れている水の上では、活動できない
・銀の弾丸で撃ち殺せる
・日光に当たると体が滅びる
・犬歯が、とがって牙になっている
十字架がキライ(指で十字を作っただけでもダメ)
を胸に打たれると死ぬ
・ドラキュラ型

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

●「ミステリマガジン1978年8月号 №268」宮脇孝雄訳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする