チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。
小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。
しかし、怪奇といっても、単に怖いというよりも、ボーモント独特の変化球的怖さであり、いわゆる「奇妙な味」のある作家。

●チャールズ・ボーモントの吸血鬼小説
「血の兄弟」
「会合場所」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする