*

カルデンシュタインの吸血鬼

公開日: : 吸血鬼小説

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)

※ネタバレしています※

「ぼく」は、休暇を利用し、バイエルン地方に旅行し、道に迷って「カルデンシュタイン」という村に迷い込む。
夜、宿から散歩に出て、月明かりに浮かぶロマンティックな小城を見かける。
宿に帰って、パブで飲んでいる客たちに「あの城は誰のものか」と聞くと、客たちはそれには答えずに、皆席を立ってしまう。
宿の主人は、城がカルデンシュタイン伯爵のものだと教えてくれる。
宿の主人が言うには、「伯爵は、300年ほどもあの城に住んでいる。彼は、人ではなく吸血鬼。昼は、城の岩山の洞窟で眠っていて、夜だけ活動する」
「ぼく」は、それを馬鹿馬鹿しいと一笑に付す。

「ぼく」は、自分の部屋に入り、宿の主人に「必ず窓を閉めて寝なさい」と言われたのに、開けたまま寝てしまう。
すると、真夜中に、部屋の中に背の高い男が立っていることに気づく。「ぼく」が、木の十字架をつかむと、男は窓から外に消えた。「ぼく」は、それが現実とは思えず、夢だと思い込む。

次の日、「ぼく」は村の司祭に会い、教会を見学させてもらう。
司祭に、カルデンシュタイン城の、「300年生きている伯爵」のことを聞くと、「邪悪なものを笑ってはいけない。早くこの村を立ち去りなさい。城には近づかないで」と言われる。
しかし、司祭の忠告を無視し、その後カルデンシュタイン城を見学に行く。城の下男は、城を見せてくれるが、伯爵には会わせてくれない。
「ぼく」は、強く頼み込み、伯爵と、夜に面会する約束を取り付ける。

その夜、城を訪ねると、ワインが振舞われる。しかし、伯爵自身はワインを飲まない。
「ぼく」が、うっかりワイングラスを倒し、グラスの破片で手を切ると、伯爵は、テーブルにこぼれた血を舐め始めた。
「ぼく」は、伯爵が普通でないことに、今更気づき、帰ろうとするが、許されない。
次の日の夜、伯爵は、自分の叔父と従兄を連れてきて、「ぼく」を餌食にしようとする。
そこへ、聖体の力を借りた村の司祭が、救出に現れる。

●登場する吸血鬼の特徴
・明らかな「ドラキュラ型」。
・最後に、司祭が十字架・聖水・祈祷で清めても、カルデンシュタイン伯爵は滅びない。また吸血鬼として動き出すだろう、というエンディングである。

《邦訳状況》
●ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

暗い夜明け

W・R・フィルブリック(W. R. Philbrick)作 ※ネタバレしています※ ジョ

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

PAGE TOP ↑