ヴァンピールの会

倉橋由美子

※ネタバレしています※

美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、毎月やってくる一団がいた。彼らは、大学の同窓会だといい、毎回持参の赤ワインを変わった白磁の容器に移して飲む。赤い色を楽しむためにそうするらしい。(彼らが持ち込むワインは、蝙蝠のラベルのものや、トランシルヴァニア産のもの)
やがて、木原氏は、ワインのラベルに「VANPIRE」の文字があることを知り、「あなたもVANPIREの会に入らないか」とすすめられる。
ある日、木原氏が遅れて店に行くと、開かれていたはずの「VANPIREの会」の客たちは消えうせており、店のボーイが首から血を流して倒れていた。ボーイを助け起こした木原氏は、自分に吸血の欲求が目覚めるのを知る。

●登場する吸血鬼の特徴
・首から血を吸う
・複数の人間の血を混ぜて「ブレンド」と称して飲む
・一人の人間の血をそのまま飲むのは「ストレート」

●出版状況
「血と薔薇のエクスタシー 吸血鬼小説傑作選」に収録
「倉橋由美子の怪奇掌篇」に収録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする