*

吸血鬼

公開日: : 最終更新日:2014/11/25 吸血鬼小説

ジャン・ミストレル作

※ネタバレしています※

1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、ロスバッハの戦いで負傷し、エルデリィイ伯爵に招かれて、ハンガリアの聖ミクロス城で静養することになる。城には、伯爵夫人がそばに置いている少女、エリザベートがおり、騎士は心惹かれる。
城に出入りする人間の一人、ヴィンダウ男爵は、奇矯な振る舞いが多く、悪魔や超自然への関心が強く、皆に変人と思われている。
ある日、その男爵が、エリザベートに無理に口づけしようとしているのを見つけた騎士は、その中に割って入る。男爵は捨て台詞を残して去るが、その後死体となって発見された。
その後、ヴィーユ・ヴェール騎士はエリザベートに愛を告白し、受け入れられ、エルデリィイ公爵夫妻に望まれて、ミクロス城で結婚生活をおくることを決める。
婚約祝いの宴の夜から、エリザベートは悪夢の中でヴィンダウ男爵に吸血されるようになる。
エリザベートの訴えに、司祭は「吸血鬼の仕業」と判断し、ヴィンダウの墓が暴かれ、死体には杭が打たれ、火葬にされる。
吸血鬼は倒されたが、エリザベートは助からず、衰弱死した。

●登場する吸血鬼の特徴
・死後も死体が腐敗しない
・首から血を吸う
・胸にを打ち、体を焼却して滅ぼされる
・吸血した相手をも吸血鬼にするのかどうかは不明

《邦訳状況》
●薔薇十字社「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘
●河出文庫「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳

関連記事

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

吸血鬼の静かな眠り

赤川次郎作 ※ネタバレしています※ 中学生の敏子は、家族とともに貸し別荘(持ち主は外

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

ヴァンピールの会

倉橋由美子作 ※ネタバレしています※ 美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

PAGE TOP ↑