*

炎の十字架

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 吸血鬼小説

レスター・デル・リー

※ネタバレしています※

カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨の中で意識を取り戻した。頭上には、十字の形の稲妻が見えた。
家に帰ると、家の中は、長い間空き家だったように荒れ果てていた。なぜか家中の鏡が無く、いるはずの家族もいない。彼は、自分の記憶が、長い期間にわたって抜け落ちていることに気付く。
街の人々は、彼を見ると悲鳴を上げて逃げた。なぜか、食料品店からは、血入りソーセージをすすめられる。
カールは、家の召使フリッツの日記を発見して読み、自分がナイト・レディーと呼ばれる吸血鬼に襲われ、吸血鬼になり、自分のもフリッツも吸血してしまったことを知る。
十字型の稲妻が、自分を吸血鬼から人間に戻したのだと悟ったカールは、フラムヒェンとフリッツを倒し、自分も共に滅びようと決意する。

●登場する吸血鬼の特徴
・鏡に映らない
にんにくが嫌い
・昼は棺の中で眠る
・胸にを打って退治できる
十字架を刻んだ銀の弾丸で殺すことができる

《邦訳状況》
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち」に収録。駒瀬裕子訳。

関連記事

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

墓地の管理人

ジャン・レイ(Jean Ray)作 ※ネタバレしています※ 「あっし」は、仕事も、金もな

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

変身

ラムジー・キャンベル(Ramsey Campbell)作 ※ネタバレしています※ 「おれ

記事を読む

吸血鬼の夢

ディック・ロクティ作 ※ネタバレしています※ 引退した俳優(吸血鬼が当たり役だった)バイ

記事を読む

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン

記事を読む

PAGE TOP ↑