*

炎の十字架

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 吸血鬼小説

レスター・デル・リー

※ネタバレしています※

カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨の中で意識を取り戻した。頭上には、十字の形の稲妻が見えた。
家に帰ると、家の中は、長い間空き家だったように荒れ果てていた。なぜか家中の鏡が無く、いるはずの家族もいない。彼は、自分の記憶が、長い期間にわたって抜け落ちていることに気付く。
街の人々は、彼を見ると悲鳴を上げて逃げた。なぜか、食料品店からは、血入りソーセージをすすめられる。
カールは、家の召使フリッツの日記を発見して読み、自分がナイト・レディーと呼ばれる吸血鬼に襲われ、吸血鬼になり、自分のもフリッツも吸血してしまったことを知る。
十字型の稲妻が、自分を吸血鬼から人間に戻したのだと悟ったカールは、フラムヒェンとフリッツを倒し、自分も共に滅びようと決意する。

●登場する吸血鬼の特徴
・鏡に映らない
にんにくが嫌い
・昼は棺の中で眠る
・胸にを打って退治できる
十字架を刻んだ銀の弾丸で殺すことができる

《邦訳状況》
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち」に収録。駒瀬裕子訳。

関連記事

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

スタイルの問題

ロン・ディー(Ron Dee)作 ※ネタバレしています※ 子供の頃から吸血鬼映画が好きな

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

PAGE TOP ↑