血の末裔

リチャード・マチスン

※ネタバレしています※

ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらない少年。医者には「白痴」と診断されている。
ある日、将来の夢(=吸血鬼になりたい夢)を書いた作文を学校で読み上げ、学校をやめてしまう。
ジュールスは、毎日を目的もなく徘徊して過ごすようになり、動物園で飼育されている吸血蝙蝠を見つけ、それがドラキュラ伯爵の生まれ変わりだと思い込む。
ある日、ジュールスは、蝙蝠の檻を破って外へ連れ出し、自分で首を刺して、流れる血を蝙蝠に吸わせた。
出血で瀕死のジュールスのそばに、真っ赤な目をした男が現れ、ジュールスに「息子」と呼びかけた。

●最後に現れる謎の男は、多分ドラキュラその人っぽいのだが、そうとは明記されていない(その男が吸血鬼かどうかも書かれていない)
●この後、ジュールスも吸血鬼の仲間入りをするのかなあと思われるが、そうとは明記されていない

●本作の吸血シーンは、吸血蝙蝠による吸血のシーンのみである

●こう言うのもナンだが、「憧れを追い続け、限りなく憧れの扉を叩き続け、ついに受け入れられた少年の物語」と言えば言える

《邦訳状況》
●「ヒッチコックマガジン 38号」に収録。矢代邦彦訳。
●朝日ソノラマ「モンスター伝説」に収録。仁賀克雄訳。
Amazonの 「モンスター伝説」
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち」に収録。仁賀克雄訳。
●国書刊行会「書物の王国12 吸血鬼」に収録。仁賀克雄訳。
Amazonの 「書物の王国12 吸血鬼」
●新人物往来社「怪奇幻想の文学1 真紅の法悦」に収録。仁賀克雄訳。
Amazonの 「怪奇幻想の文学1 真紅の法悦」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする