レナ・ユングフォルト

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼に襲われる被害者。

ベールブラウ荘の持ち主、スワッファム家の、ハロルド・スワッファムと婚約している。
彼女の証言によれば、彼女を襲ったものは、「幽霊は、爪が光る、どす黒い骨ばった手をしていた。腕には包帯をしていた。防腐剤のにおいがした」
彼女は、耳の下に謎の傷ができていた。

●「ベールブラウ荘奇談」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする