吸血鬼 The Fearless Vampire Killers(1967)

●カドレ・フィルム フィルムウェイズ

●内容
吸血鬼退治の命を受け、大学教授とその助手がトランシルヴァニアに赴く。
コメディ映画だが、ポランスキー独特のセンス、洒落っ気、映像の美しさなどから、吸血鬼ファンに人気の高い映画である。

●登場する吸血鬼の特徴
ニンニクが嫌い
・夜行性
・鏡に映らない
・胸にを打って滅ぼすことができる
・男色の吸血鬼が登場する
・キリスト教徒でない吸血鬼には、十字架は効かない

●出演
ロマン・ポランスキー、ジャック・マクゴーラン、アルフィー・バス、シャロン・テート、フィオナ・ルイス

●スタッフ
監督……ロマン・ポランスキー
製作……ジーン・グトウスキ
脚本……ジェラルド・ブラーハ、ロマン・ポランスキー
撮影……ダグラス・スローカム

●その他情報
・本作は、邦題として、ただ「吸血鬼」ではなく、「ポランスキーの吸血鬼」とか、「ロマン・ポランスキーの吸血鬼」と呼ばれることが多い。(DVDのタイトルでも「ポランスキーの」となっている)
・私は、せむし男が狼を食っちゃうところが好きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする