ヨハン・マウレン

「黒の啓示」に登場する吸血鬼。パウル・フォン・マウレンの弟。
第一次大戦中に、アメリカで吸血鬼になり、姉も噛んで吸血鬼にした。
戦時中に、捕虜収容所で墓堀を命ぜられていたことがある。彼が吸血鬼化したのは、その体験に原因があると思われる。

●吸血鬼としての特徴
・犬に姿を変えることができる
・首から血を吸う
・昼間は棺の中で眠っている
・胸にを打って殺すことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする