ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。
恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森を抜けようとして、吸血鬼たちの住む城に引き入れられる。
魔よけの力を持つ樺の木の棒をにして、城主マランボワとそのを退治する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする