アガート

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。ユーグ・デュ・マランボワの美貌の妻。生前に魔術を使ったと言われる。死してなお、夫とともにフォスフラム城に棲む。
吟遊新人ジェラールに、樺の木のを打たれ、滅ぼされる。

●吸血鬼としての特徴
・青白い顔
・赤い唇
・小さく、とがった牙のような歯
・首から吸血する
・吸血した者を吸血鬼化させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする