*

恐怖の名前

公開日: : 吸血鬼小説

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )

ワラキア公ブラド・ドラキュラの、不可解な死と、墓から消えた死体の謎を、ある名も無いノスフェラトゥが仕組んだ大芝居だとする物語。

●登場する吸血鬼の特徴
十字架聖水ニンニクが嫌い
・腐臭がする
・夜霧に姿を変えることができる
・丸顔
・死んでから1世紀くらいたっている
・初めて入る家には、「入れ」と言われないと入れない
・動物を操れる
・目が合った人間の意思を奪える

《邦訳状況》
●竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

墓地の管理人

ジャン・レイ(Jean Ray)作 ※ネタバレしています※ 「あっし」は、仕事も、金もな

記事を読む

お客様はどなた?

オーガスト・ダーレス作 ※ネタバレしています※ 吸血鬼の姉弟が、通りすがりの仮装パーティ

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

PAGE TOP ↑