*

恐怖の名前

公開日: : 吸血鬼小説

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )

ワラキア公ブラド・ドラキュラの、不可解な死と、墓から消えた死体の謎を、ある名も無いノスフェラトゥが仕組んだ大芝居だとする物語。

●登場する吸血鬼の特徴
十字架聖水ニンニクが嫌い
・腐臭がする
・夜霧に姿を変えることができる
・丸顔
・死んでから1世紀くらいたっている
・初めて入る家には、「入れ」と言われないと入れない
・動物を操れる
・目が合った人間の意思を奪える

《邦訳状況》
●竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

ドラキュラ伯爵が登場する小説リスト

ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」以外の小説で、我らがドラキュラ伯爵が登場する作品のリストです

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

PAGE TOP ↑