*

暗い夜明け

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 吸血鬼小説

W・R・フィルブリック(W. R. Philbrick)

※ネタバレしています※

ジョーンズ医師は、単身ハイチに渡り、診療所を開いている。自分の医術を人の役に立てたい一心で決行したハイチ移住だったが、ハイチの人々は、病気になっても医術より祈りに救いを求め、ジョーンズが思ったような成果はあげられていない。

あるときから、ジョーンズの住む島に、原因不明の病気が蔓延するようになった。
それは、血液の病気で、かかった者は顔に肉腫ができ、免疫能力が低下して死んでしまう。治療法は無い。

ある夜、ジョーンズは、往診を頼まれて出かけ、ムッシューと名乗る病人に出会う。「ムッシュー」は、顔面に肉腫ができている。
「ムッシュー」が言うには、「自分は何世紀も生きている。島に蔓延する病気の源は自分である。自分は、何世紀も血液を摂取したため、あらゆる血液の病気も摂取してしまった。しかし、自分は不死である」
「ムッシュー」は、ジョーンズを餌食にし、この島を出て、大陸に向かおうとしている。

●登場する吸血鬼の特徴
・元は人間だった。吸血鬼になった経緯は不明
・不死である
・吸血のために血液病が体内に満ちている
・顔が、肉腫に覆われている
・血を吸った人間に、病気は感染させるが、吸血鬼にはしないらしい?

《邦訳状況》
●竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑