*

黒の啓示

公開日: : 吸血鬼小説

カール・ジャコビ

※ネタバレしています※

主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本に魅せられ、「売ることはできない」と言う店の主人を説き伏せて借り受ける。
本は、骨董店の主人の弟、アレサンドロ・ラーラの書いたものだった。(骨董屋の主人が言うには、アサンドロは原因不明の病気で衰弱し、狂死した)
本の最初のページには、血で書いたような赤い文字で、なぞめいた言葉が書かれていた。
内容も、まったく奇怪で理解しがたい文で、不安を掻き立てられた主人公は、ふらふらと夜の街に出て行き、入り込んだ屋敷の中で、犬を連れた不思議な女:パウルに出会う。パウルは、自分と弟の身の上を話したが、突然消えてしまう。
次の日もパウルに会いに行き、彼女の写真を撮ると、彼女は怒り狂って去る。現像した写真には、彼女の姿は写っていなかった。
それから主人公は寝込んでしまい、医者の診断は「貧血症と思われる。首に小さな傷がある」。
病床で、ラーラの本を最後まで読むと、「パウルとそのは吸血鬼だ」との文字があり、主人公は自分もその餌食になったことに気付く。

●登場する吸血鬼の特徴
・写真に写らない
・首から血を吸う
・昼間は、棺の中で寝ている
・胸にを打って殺すことができる

《邦訳状況》
●新人物往来社「真紅の法悦」
に「黒の告白」のタイトルで収録。
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち」に収録。仁賀克雄訳。

関連記事

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

一九四四年のドラキュラ

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

ドラキュラ伯爵が登場する小説リスト

ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」以外の小説で、我らがドラキュラ伯爵が登場する作品のリストです

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑