*

血税の島

公開日: : 吸血鬼小説

ルイ=セバスチャン・メルシェ

※ネタバレしています※

血合いソーセージを食べ過ぎた人の夢として語られる物語。
「島の指導者が、人間の血を食料にしている〈血税の島〉というところにつれていかれた。島の住人は、満月の夜に血を徴収されることになっている。(血の徴収量は40歳を境に少なくなる)島の指導者は、血の味にうるさく、病人、貧乏人の血は好まない」

物語の中では、血が「お金の代わり」のような表現がある。

●登場する吸血鬼の特徴
・吸血鬼なのか、血を飲むのが好きな人なのか不明。
・美食家(おいしい血が好き)
・犠牲者の腕の血管を切り開いて、そこから血を飲む。

《邦訳状況》
●白水社「フランス幻想文学傑作選1」に収録。植田祐次訳。

関連記事

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

最後の手段

デイヴィッド・ドレイク(David Drake)作 ※ネタバレしています※ リッチモンド

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

吸血鬼の夢

ディック・ロクティ作 ※ネタバレしています※ 引退した俳優(吸血鬼が当たり役だった)バイ

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

PAGE TOP ↑