*

血税の島

公開日: : 吸血鬼小説

ルイ=セバスチャン・メルシェ

※ネタバレしています※

血合いソーセージを食べ過ぎた人の夢として語られる物語。
「島の指導者が、人間の血を食料にしている〈血税の島〉というところにつれていかれた。島の住人は、満月の夜に血を徴収されることになっている。(血の徴収量は40歳を境に少なくなる)島の指導者は、血の味にうるさく、病人、貧乏人の血は好まない」

物語の中では、血が「お金の代わり」のような表現がある。

●登場する吸血鬼の特徴
・吸血鬼なのか、血を飲むのが好きな人なのか不明。
・美食家(おいしい血が好き)
・犠牲者の腕の血管を切り開いて、そこから血を飲む。

《邦訳状況》
●白水社「フランス幻想文学傑作選1」に収録。植田祐次訳。

関連記事

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑