*

血税の島

公開日: : 吸血鬼小説

ルイ=セバスチャン・メルシェ

※ネタバレしています※

血合いソーセージを食べ過ぎた人の夢として語られる物語。
「島の指導者が、人間の血を食料にしている〈血税の島〉というところにつれていかれた。島の住人は、満月の夜に血を徴収されることになっている。(血の徴収量は40歳を境に少なくなる)島の指導者は、血の味にうるさく、病人、貧乏人の血は好まない」

物語の中では、血が「お金の代わり」のような表現がある。

●登場する吸血鬼の特徴
・吸血鬼なのか、血を飲むのが好きな人なのか不明。
・美食家(おいしい血が好き)
・犠牲者の腕の血管を切り開いて、そこから血を飲む。

《邦訳状況》
●白水社「フランス幻想文学傑作選1」に収録。植田祐次訳。

関連記事

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)作 吸

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

お客様はどなた?

オーガスト・ダーレス作 ※ネタバレしています※ 吸血鬼の姉弟が、通りすがりの仮装パーティ

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑