吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)

吸血鬼と、ロボットが一緒に暮らしているショートショート。ロボットが出てくる未来話なので、「SF」と言うべきかもしれないが、読んだ印象としては、むしろ「ファンタジー」である。

本作のなかには、吸血鬼がロボットに命令すると、「ロボット三原則 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない」に則って、ロボットが吸血鬼の言うことをきく、というシーンがある。(厳密に言えば吸血鬼は「人間」ではない)

●登場する吸血鬼の特徴
・日光が苦手
十字架が苦手
ニンニクが苦手
・トリカブトが苦手

《邦訳状況》
●創元SF文庫「影が行く」に収録。中村融訳
●ミステリマガジン1975年8月号 加藤正美訳
●講談社文庫 「世界SFパロディ傑作選」風見潤訳 現在絶版

《これから購入するなら》
現在なら、創元SF文庫の「影が行く」が最も入手容易。新刊書店でも見つかるはず。
私の所有しているのは、講談社文庫の「世界SFパロディ傑作選」。絶版なので、古本屋で探すしかなし。リアル店舗で探す人のための情報としては、「黒背表紙に、白文字タイトル」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする