*

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ「マグナス伯爵」に登場する吸血鬼。

もっとも、作中では、はっきり吸血鬼とは書かれていないが、吸血鬼と推測される状況証拠がたっぷりなので、吸血鬼名簿に入れてみた。

マグナス伯爵は、元はスウェーデンの領主。小作人に厳しいあまり、領主としては嫌われていた。
残っている肖像画を見ると、醜悪にまで感じるほどの迫力ある顔立ちだったらしい。
錬金術に深い興味を持ち、悪魔の力を得るために、「コラジン」という、大昔に見捨てられた村へ行き、何か「人でない」怪しいものをつれかえってきた。

死後、領地の中の霊廟に安置されたが、領民達は、伯爵が成仏せずに、領地の森をさまよっていると信じていた。ある夜、領地の森に、狩りに入った男二人が、一人は顔をえぐられて死に、もう一人も、ショックで間もなく死ぬという事件が起きた。そのとき、村人たちは、この世のものとは思えない笑い声が森から聞こえるのを聞いた。

マグナス伯爵は、作中で「吸血鬼」とも呼ばれていないし、吸血シーンの描写も無い。仮に、「森に入った男の顔をえぐった」のが、吸血のためだったとしても、伯爵が血を吸ったのか、伯爵がコラジンから連れ帰った「怪しいもの」が吸ったのか、それすらわからないのである。
しかし、自ら道を外れて不死者となる、生前暴君だった、などなど、吸血鬼化する条件を多数クリアしている。

《出版状況》
「ドラキュラのライヴァルたち」ハヤカワ文庫に収録
●「M・R・ジェイムズ怪談全集〈1〉」創元推理文庫に収録

関連記事

キンシー・P・モリス Quincy P. Morris

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 テキサス生まれのアメリカ人。 陽気での

記事を読む

クリストファー・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公。 作家。 吸血鬼マニアで、自分も吸血鬼小説を書いている。処女作は

記事を読む

カーカー族

アントニー・バウチャー作「噛む」に登場する吸血鬼。 アメリカ西部の町の、ある屋敷に住み着いている。

記事を読む

イワン・スタンラス軍曹

「生ける亡者の恐怖」に登場する吸血鬼。 1810年に、ポーランドで誕生。12歳頃に、アメリカに

記事を読む

J・M・カッフィン

ブラム・ストーカー作「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ホイットビーの検視医。 作中の、新聞記

記事を読む

ステファン・ランコウスキー一等兵

「最後の手段」に登場する吸血鬼。 ベトナムで従軍していた。 所属小隊の仲間の血を吸い、5人の

記事を読む

ガイ・エックハート

「影のない男」の登場人物。サラに二度にわたって血を吸われるが、命は取りとめる。

記事を読む

タラント

アントニー・バウチャー著「噛む」の主人公。 ある西部の町に流れ着いた、たぶん、いかさま師的人生

記事を読む

ジェラール・ド・ロトン

「アヴロワーニュの逢引」の登場人物。吟遊詩人。 恋人との逢引の約束を果たすため、アヴロワーニュの森

記事を読む

グレアム・キーン

「コウモリはわが兄弟」に登場する吸血鬼。 吸血鬼による社会の支配を目指す吸血鬼に、その活動の助

記事を読む

ラドゥ・フロレスク Radu Florescu

歴史家。ルーマニア貴族の末裔。(1925~2014) ブカレストで生

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロ

吸血鬼ドラキュラ Dracula(1958)

●製作:ハマー・フィルム ●内容 ブラム・ストーカー作 「吸血

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

→もっと見る

PAGE TOP ↑