*

アヴロワーニュの逢引

公開日: : 最終更新日:2015/01/04 吸血鬼小説

クラーク・アシュトン・スミス

※ネタバレしています※

吟遊詩人のジェラールは、フルーレットと会うために、アヴロワーニュの森を抜けようとする。森の中には、フォスフラム城があり、悪い評判のあった城主マランボワ奥方が眠っていると言われ、吸血鬼が出るという噂もある。
森の中でジェラールは、悪漢に襲われている婦人を助けるが、その婦人も悪漢も消え失せてしまい、「自分は魔性の者に関わった」と気づく。
樺の木の棒(魔よけになる)だけを武器にし、恐怖を覚えながら進むジェラールの前に、怪しげな城が現れ、城主マランボワに、無理やり城内に招かれる。城内には、おびえたフルーレットと、従者のラウールアンジェリクがいた。4人は城内に泊まらされることになる。
夜間、起きていようとした四人は、謎の眠気に襲われ、ラウールとアンジェリクは吸血されてしまった。
朝を迎え、ジェラールは、吸血鬼たちの墓を暴き、樺の木の棒をにして胸を刺す。吸血鬼たちが滅びると、今まであったと思っていた城が消えうせ、城は幻想であったことが分かった。

●登場する吸血鬼の特徴
・青白い顔
・真っ赤な唇
・小さく、とがった牙のような歯
・首から吸血する
・吸血した者を吸血鬼化させる

《邦訳状況》
●原書房「吸血鬼伝説 ドラキュラの末裔たち」に収録。井澤真紀子訳。

関連記事

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

吸血鬼の静かな眠り

赤川次郎作 ※ネタバレしています※ 中学生の敏子は、家族とともに貸し別荘(持ち主は外

記事を読む

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

ヘンショーの吸血鬼

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)作 ※ネタバレしています※ チャーリー

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

PAGE TOP ↑