フローレンス・アン・レモン・バルコム・ストーカー

ブラム・ストーカーの妻。
1878年にストーカーと結婚する前に、オスカー・ワイルドに求婚され、断っている。(ワイルドが惚れた相手だと思うだけで、私は彼女を美人に違いないと思い込んでいたが、大人になってから、実際に彼女は美しい人で、肖像画家たちがこぞって描きたがった婦人であることを知った)
フローレンスは、知識人・芸術家・劇場関係者に知己が多く、彼らに与えた影響は少なくなかったという。

吸血鬼ファンには、夫の作品「吸血鬼ドラキュラ」の著作権を細かく細かく守ろうとした奥さん、として有名。フローレンスが、著作権にうるさかったのは、ブラム死後の経済的な問題によるものであったようで、「夫の創作を改悪させまい」みたいな気持ちではなかったようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする