レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002)
ボストン大学のロシア・東ヨーロッパ史教授を勤めていた。同僚教授であったラドゥ・フロレスクと共著で「ドラキュラ伝説 -吸血鬼のふるさとをたずねて」を書き、ドラキュラと吸血鬼関係の専門家として知られることになる。

「ドラキュラ伝説 -吸血鬼のふるさとをたずねて」には、ドラキュラのモデルと言われるヴラド・ツェペシュの生涯や、ドラキュラ城探索の様子が魅力的に紹介されている。

(「ドラキュラ伝説 -吸血鬼のふるさとをたずねて」は、管理人が吸血鬼本を漁り始めるきかっけとなった本であり、個人的に、マクナリー&フロレスクのお二人には、非常に感謝している)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする