クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。
奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。
SFや、オカルトも題材とするが、作品としてはブラックユーモアが勝り、「ホラー作家」と呼ぶのはふさわしくないだろう。

●クロード・クロッツの吸血鬼小説
「パリ吸血鬼」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする