パプリカ・ヘンドル

吸血鬼にちなんだ料理と言えば、なんと言ってもパプリカ・ヘンドル
ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」の冒頭に登場するため、印象の強い料理である。

「吸血鬼ドラキュラ」の主人公:ジョナサン・ハーカーは、この料理を気に入り、調理法を聞いて、婚約者ミナに教えようと日記に記している。

ハーカーの記述からわかることは、

  • ハーカーが、パプリカ・ヘンドルを食べるのは、クラウゼンブルグホテル・ロエール
  • パプリカ・ヘンドルは、トウガラシで調理したチキンである
  • 辛いらしい(後で喉が渇くとのこと)
  • ホテルの給仕いわく、「この土地の郷土料理」。カルパチア地方ではどこでも出るらしい

パプリカ・ヘンドルのレシピは、ネットで探してみても見つからなかった。しかし、以前挨拶程度の話しをしたルーマニアに住んだことのある方には、
「ごく普通の料理です」
と聞いたので、ちゃんとルーマニアで食べられている料理であることは間違いない。

ネットで見つけたレシピでは、パプリカーシュという料理があり、これがパプリカ・ヘンドルに近いのではないかと推測している。(推測ですみません
パプリカーシュは、ルーマニアやハンガリーなどで食べられているチキンのパプリカ煮込みである。(参考:パプリカーシュ

タイトルとURLをコピーしました