岡本綺堂

大正から昭和にかけて活躍した作家。半七捕物帳シリーズで有名。怪談は、非常に好きだったようで、数多く執筆している(読むのも大好きだったようだ)。基本的には「推理もの」である半七のシリーズにさえ、怪奇趣味の作品は多い。

●岡本綺堂の吸血鬼小説
「一本足の女」(厳密に言えば、いわゆる「吸血鬼」とは少し異なる)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする