*

ベールブラウ荘奇談

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 吸血鬼小説

E&H・ヘロン(E&H Heron)

※ネタバレしています※

ベールブラウ荘には、昔から幽霊が出るといわれている。持ち主のスワッファム家は、むしろ、その存在を自慢にし、幽霊は名物的存在だった。

ある年、ユングフォルト教授が、ベールブラウ荘を夏の間だけ借りて住むことになった。教授は、幽霊の存在を聞かされていた。
しかし、その幽霊のために、女中が一人亡くなったために、怪奇現象の研究者のロー氏を呼び、事件の解決を依頼する。

幽霊は、ベールブラウ荘の、古い遺物が収集してある、博物館の周囲に出る。幽霊は、博物館に近づいた人間を襲い、襲われた者は、気を失い、その後衰弱してしまう。
亡くなった女中には、耳の下に傷があった。
教授の娘の証言によれば、「幽霊は、腕に包帯を巻いていた。防腐剤のにおいがした」

人が死んだと聞き、ベールブラウ荘の持ち主の、スワッファムがやってくる。幽霊が害を与えるわけが無いと思い込んでいるスワッファムは、夜に出歩いて、幽霊に襲われる。スワッファムは、命は助かったが、首に傷ができていた。

ローは、「包帯をした腕」はミイラのものと推理する。最近、博物館には、エジプトのミイラが運び込まれた。ミイラに、もともとベールブラウに棲みついていた幽霊=吸血鬼が入り込み、暴れだしたものと考えられる、とローは語る。

スワッファムは、ミイラを焼き払い、事態を収拾させる。

●登場する吸血鬼の特徴
・ミイラ男と合体した、珍しい吸血鬼である!
・首や、耳の下から血を吸う。

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

PAGE TOP ↑