*

ヴォイスラウ

「謎の男」の登場人物。

シレジア、グロガウ城の城主。
フォーネンベルク勲爵士の姪、ベルタと婚約している。
トルコ軍との戦で、右腕を失い、大公より、黄金の義手を授けられた。黄金の義手は、イタリアの職工に作らせたもので、ばね仕掛けで、超人的な力を発揮できる。

戦で、ハンガリーに従軍した際、吸血鬼にあい、ヴォイスラウの超人力を、「吸血鬼の力」と勘違いされ、仲間と思われる経験をしている。
この経験から、フランチスカの病気が、吸血鬼に襲われたものと見抜き、吸血鬼退治に乗り出す。

吸血鬼事件の後、ベルタと結婚する。

●「謎の男」収録のアンソロジーは、「ドラキュラのライヴァルたち」

関連記事

ジェニー・オシェイ

「選抜試験」に登場する吸血鬼。 幼い少女の姿をしているが、実は200歳。 多分、元は人間と思

記事を読む

エライザ・フリーマン

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。 ベールブラウ荘で働いていた女中。幽霊を信じないタイプ。

記事を読む

ヘンツィック卿

「生ける亡者の死」に登場する吸血鬼。 幽霊が出ると評判の、朽ちた古城に住む。 非常に贅沢な城

記事を読む

サラ

「影のない男」に登場する吸血鬼。 原因不明の伝染病の元凶になったとして、殺された女。「鬼女サラ」と

記事を読む

ユーグ・デュ・マランボワ

「アヴロワーニュの逢引」に登場する吸血鬼。邪悪な性格で、魔術を使ってよからぬことをしたために、死後吸

記事を読む

クリスチーナ

F・マリオン・クロフォード作「血は命の水だから」に登場する吸血鬼。元は人間。 クリスチーナは、

記事を読む

エーリッヒ

「夜だけの男」に登場する吸血鬼。 ドイツの旧家の出身らしい。 ヨーロッパを各国放浪し、先祖の

記事を読む

ジョイス

「夜だけの男」の登場人物。 NYの売春婦。NYの町を嫌っている。 バーで、身なりの良いエーリ

記事を読む

R・M・レンフィールド

ブラム・ストーカー著「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。 ジョン・セワードの精神病院に入院する患者

記事を読む

バイロン・ルスヴェン

「吸血鬼の夢」に登場する吸血鬼。 ハリウッドで、吸血鬼俳優として活躍したが、25年前に引退した

記事を読む

PAGE TOP ↑