*

感染

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 吸血鬼小説

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)

※ネタバレしています※

ミナ博士は、銀河医療センターの医師。冷凍睡眠から醒めた吸血鬼の標本を担当させられる。
吸血鬼は、自らドラキュラ伯爵と名乗る。(しかし、「吸血鬼ドラキュラ」のドラキュラ伯爵ではなく、その子孫)
ミナ博士は、ドラキュラ伯爵と会話するうちに、彼に恋をしてしまう。
ミナは、実は人間でなく、ロボット。ドラキュラ伯爵と結ばれて(結ばれるようにできてるロボットらしいんだ、これが)ドラキュラ伯爵から、ロボットには無いテレパシー能力をうつされることを望み(宇宙を支配するため)、それを手にする。
二人(一人と一体だが)は愛し合い、ミナは、ドラキュラ伯爵の肉体が滅びる前に、彼の脳をロボットに移植することを約束する。

●登場する吸血鬼の特徴
・高い鼻
・秀でた額
・がっしりした顎
・とがった耳
・牙は無い(削ってしまった)
・吸血の欲求は、銀河医療センターの力で改善されているが、冷凍される前は、血液銀行に勤めて、血をちょろまかしては吸っていた。
・昼間の光に耐えられるため、眠るのは夜
・影がある
・鏡に映る

《邦訳状況》
竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。嶋田洋一訳。現在絶版

関連記事

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

小夜曲

マイク・レズニック(Mike Resnick)作 ※ネタバレしています※ ミュージシャン

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

血の兄弟

チャールズ・ボーモント(Charles Beaumont)作 精神科の医者と、患者スミスの会話

記事を読む

PAGE TOP ↑