*

感染

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 吸血鬼小説

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)

※ネタバレしています※

ミナ博士は、銀河医療センターの医師。冷凍睡眠から醒めた吸血鬼の標本を担当させられる。
吸血鬼は、自らドラキュラ伯爵と名乗る。(しかし、「吸血鬼ドラキュラ」のドラキュラ伯爵ではなく、その子孫)
ミナ博士は、ドラキュラ伯爵と会話するうちに、彼に恋をしてしまう。
ミナは、実は人間でなく、ロボット。ドラキュラ伯爵と結ばれて(結ばれるようにできてるロボットらしいんだ、これが)ドラキュラ伯爵から、ロボットには無いテレパシー能力をうつされることを望み(宇宙を支配するため)、それを手にする。
二人(一人と一体だが)は愛し合い、ミナは、ドラキュラ伯爵の肉体が滅びる前に、彼の脳をロボットに移植することを約束する。

●登場する吸血鬼の特徴
・高い鼻
・秀でた額
・がっしりした顎
・とがった耳
・牙は無い(削ってしまった)
・吸血の欲求は、銀河医療センターの力で改善されているが、冷凍される前は、血液銀行に勤めて、血をちょろまかしては吸っていた。
・昼間の光に耐えられるため、眠るのは夜
・影がある
・鏡に映る

《邦訳状況》
竹書房文庫「妖魔の宴 ドラキュラ編2」に収録。嶋田洋一訳。現在絶版

関連記事

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

吸血鬼の家族

A・K・トルストイ作 ※ネタバレしています※ デュルフェ侯爵は、若かりし日の出来事を語り

記事を読む

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

ヘンショーの吸血鬼

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)作 ※ネタバレしています※ チャーリー

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑