*

「 小説家 」 一覧

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6) 写実主義の技法で、日常をリアリティ豊かに描き出す中短編が特に高く評価されている。 「首飾り」「脂肪の塊」「女

続きを見る

バセット・モーガン

アメリカの女性作家。複数の吸血鬼小説を執筆している。初期のウィアード・テールズに何回か寄稿しているが、それ以降の活動は不明。 現状では、邦訳されている作品は、「狼女」のみ。 ●バセット・モーガ

続きを見る

ルイ=セバスチャン・メルシェ

フランスの作家。幻想、SFの風味のある文学を多く残している。 ●ルイ=セバスチャン・メルシェの吸血鬼?小説 「血税の島」……吸血鬼小説と言い切っていいかどうか微妙なのだが

続きを見る

チャールズ・ボーモント Charles Beaumont

アメリカの作家、脚本家(1929~1967)。 小説も、脚本も、怪奇ものをもっとも得意とした。 しかし、怪奇といっても、単に怖いというよりも、ボーモント独特の変化球的怖さであり、いわゆる「奇妙な味

続きを見る

レイ・ブラッドベリ Ray Bradbury

アメリカのSF作家。 情感にあふれ、感傷や郷愁で人の胸を揺さぶるのが大得意なSF作家である。 SFと言えば「未来的、なんか宇宙船的、光線銃的。だからキライ」と言っている人でも、「ブラッドベリは大好

続きを見る

オーガスト・ダーレス

アメリカの作家。ホラー、SF、ミステリの分野で活躍した。シャーロック・ホームズのパロディである、ソーラー・ポンズのシリーズが有名。 アーカム・ハウスの創立メンバーの一人であり、ラブクラフト作品の出版

続きを見る

F・マリオン・クロフォード Francis Marion Crawford

最近は、ファンタジー作家として知られているが、時代小説も、ホラーもイケる。ホラーは、「上段寝台」「泣きさけぶどくろ」が特に有名。 「フランシス・マリオン」という名前と、メロドラマ風な作品から、女性だ

続きを見る

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。 奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。 SFや、オカルトも題材とするが、作品としてはブラックユーモアが勝り、「ホラー作家」と呼ぶのはふさわ

続きを見る

テオフィエル・ゴーチェ

フランスの詩人、作家、劇作家。フランス文学の魔術師とたたえられる文学者。 ゴーチェを「幻想作家」と呼ぶのはふさわしくないだろうが、幻想抜きにゴーチェを語ることは難しい。 ●ゴーチェ作の吸血鬼小

続きを見る

デイヴィッド・ドレイク David Drake

アメリカの作家。(1945.9.24~) SFとファンタジーの人気作家。他の作家との共作も多い。 軍経験があるせいか、作品の中で、軍やベトナム戦争に言及することがある。(↓に紹介している「最後の手

続きを見る

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑