アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン Henri-Rene-Albert Guy de Maupassant

フランスの作家。仏ノルマンディー地方フェカン生。(1850.8.5~1893.7.6)
写実主義の技法で、日常をリアリティ豊かに描き出す中短編が特に高く評価されている。
「首飾り」「脂肪の塊」「女の一生」などが代表作。
怪奇小説にも印象的な作品を残している。
その中でも、吸血鬼アンソロジーに、度々収められるのが「オルラ」である。
「オルラ」もそうだが、モーパッサンの怪奇小説には、「何かわからぬものが、隠れたところでじーーっと息づいている……!」みたいなものが多い。
実際に、そういう脅迫観念にとらわれていたのか、モーパッサンはピストル自殺を図り、精神病院に入れられ、そこで亡くなっている。
20代でかかった梅毒が原因であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする