*

吸血鬼の静かな眠り

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 吸血鬼小説

吸血鬼の静かな眠り
赤川次郎

※ネタバレしています※

中学生の敏子は、家族とともに貸し別荘(持ち主は外国人)を訪れ、地下室を探検して棺桶らしきものがあるのを見つける(敏子は、「出してくれ」という、声にならない声を聞く)。両親が棺桶の蓋を開けたが、中には何も無かった。

しかし、その日から、家族の様子が一人ずつおかしくなっていく。
両親も弟も吸血鬼になってしまったと察した敏子は、別荘に火をつけて焼き払う。

やがて、大人になった敏子が別荘のあった場所を訪れると、再び「出してくれ」と声が聞こえてくる。

スポンサーリンク


登場する吸血鬼の特徴

●厳密に言えば、「吸血鬼」は登場しない。弟の視点で、夜中、目の前に「父親よりも大きな姿」が現れることだけが、それらしいものの直接描写である。

●吸血シーンは無く、どこから吸血されたのかも不明

出版状況

吸血鬼アンソロジー「血と薔薇のエクスタシー」幻想文学出版局 に収録

●「血と薔薇の誘う夜に 吸血鬼ホラー傑作選」角川ホラー文庫 に収録

●「屍鬼の血族」桜桃書房 に収録

●「怪奇博物館」角川ホラー文庫 に収録

関連記事

狼女

バセット・モーガン作 ※ネタバレしています※ 死んだ生物を蘇生させる方法を開発したスタム

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

死霊の恋

テオフィエル・ゴーチェ作 ※ネタバレしています※ ストーリー 青年僧ロミュオーは、

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

PREV
蝙蝠
NEXT
敏子
PAGE TOP ↑