*

吸血鬼の静かな眠り

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 吸血鬼小説

吸血鬼の静かな眠り
赤川次郎

※ネタバレしています※

中学生の敏子は、家族とともに貸し別荘(持ち主は外国人)を訪れ、地下室を探検して棺桶らしきものがあるのを見つける(敏子は、「出してくれ」という、声にならない声を聞く)。両親が棺桶の蓋を開けたが、中には何も無かった。

しかし、その日から、家族の様子が一人ずつおかしくなっていく。
両親も弟も吸血鬼になってしまったと察した敏子は、別荘に火をつけて焼き払う。

やがて、大人になった敏子が別荘のあった場所を訪れると、再び「出してくれ」と声が聞こえてくる。

スポンサーリンク


登場する吸血鬼の特徴

●厳密に言えば、「吸血鬼」は登場しない。弟の視点で、夜中、目の前に「父親よりも大きな姿」が現れることだけが、それらしいものの直接描写である。

●吸血シーンは無く、どこから吸血されたのかも不明

出版状況

吸血鬼アンソロジー「血と薔薇のエクスタシー」幻想文学出版局 に収録

●「血と薔薇の誘う夜に 吸血鬼ホラー傑作選」角川ホラー文庫 に収録

●「屍鬼の血族」桜桃書房 に収録

●「怪奇博物館」角川ホラー文庫 に収録

関連記事

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

噛む

アントニ・バウチャー(Anthony Boucher)作 主人公タラントは、西部のある町にやっ

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

PREV
蝙蝠
NEXT
敏子
PAGE TOP ↑