*

ヘンショーの吸血鬼

公開日: : 最終更新日:2014/12/31 吸血鬼小説

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)

※ネタバレしています※

チャーリーロザモンドの夫婦は、水入らずで旅行中、ヘンショーの地で、三文怪奇小説に出てくるような宿に泊まることになる。
宿の建物は、元は精神病院だったらしい。含みの有る物言いをする主人は台所で刃物を研いでいる。娘ルーシーは亭主殺しで精神病院に入っていたと話し出し、その息子は生肉をかじっている。
宿の主人は、「ヘンショーには吸血鬼の伝説が伝わる」と話す。
チャーリーは、宿の主人達は、狂った殺人鬼なのだとロザモンドに話す。

夜中に、宿の主人が、二人の部屋にやってきて、ルーシーと息子が自室で死んでいるのを示す。二人の首筋には、二つの赤い穴がぽつんと開いていた。
チャーリーは、自分とロザモンドこそ、「ヘンショーの吸血鬼」なのだと、正体を明かす。

《邦訳状況》
角川文庫「怪奇と幻想 第一巻 吸血鬼と魔女」に収録。浅倉久志訳。現在絶版。

●ミステリマガジン №160

●ハヤカワSFシリーズ「ボロゴーヴはミムジイ」に収録。現在絶版。

※上記の三冊とも、入手は比較的難しい。マメに古本屋で探すのが、一番の早道と思われる。ミステリマガジンが一番流通してるような気がする。ハヤカワ書房さん、「ボロゴーヴはミムジイ」を再販しませんか。

関連記事

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

黒の啓示

カール・ジャコビ作 ※ネタバレしています※ 主人公は、ふらりと入った骨董店で、不思議な本

記事を読む

オルラ

アンリ・ルネ・ギィ・ド・モーパッサン作 「女の一生」や、「脂肪の塊」の、あのモーパッサンの作品

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

吸血鬼 I Am Legend

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ 不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸

記事を読む

PAGE TOP ↑