*

ヘンショーの吸血鬼

公開日: : 最終更新日:2014/12/31 吸血鬼小説

ヘンリー・カットナー(Henry Kuttner)

※ネタバレしています※

チャーリーロザモンドの夫婦は、水入らずで旅行中、ヘンショーの地で、三文怪奇小説に出てくるような宿に泊まることになる。
宿の建物は、元は精神病院だったらしい。含みの有る物言いをする主人は台所で刃物を研いでいる。娘ルーシーは亭主殺しで精神病院に入っていたと話し出し、その息子は生肉をかじっている。
宿の主人は、「ヘンショーには吸血鬼の伝説が伝わる」と話す。
チャーリーは、宿の主人達は、狂った殺人鬼なのだとロザモンドに話す。

夜中に、宿の主人が、二人の部屋にやってきて、ルーシーと息子が自室で死んでいるのを示す。二人の首筋には、二つの赤い穴がぽつんと開いていた。
チャーリーは、自分とロザモンドこそ、「ヘンショーの吸血鬼」なのだと、正体を明かす。

《邦訳状況》
角川文庫「怪奇と幻想 第一巻 吸血鬼と魔女」に収録。浅倉久志訳。現在絶版。

●ミステリマガジン №160

●ハヤカワSFシリーズ「ボロゴーヴはミムジイ」に収録。現在絶版。

※上記の三冊とも、入手は比較的難しい。マメに古本屋で探すのが、一番の早道と思われる。ミステリマガジンが一番流通してるような気がする。ハヤカワ書房さん、「ボロゴーヴはミムジイ」を再販しませんか。

関連記事

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

吸血鬼

ジョン・ウィリアム・ポリドリ(John William Polidori)作 ストーリー 夢

記事を読む

蝙蝠

岡部道男作の、「ドラキュラ三話」の一つ。 ※ネタバレしています※ 母親に叱られて家に帰れ

記事を読む

感染

ジャネット・アシモフ(Janet Asimov)作 ※ネタバレしています※ ミナ博士は、

記事を読む

スタイルの問題

ロン・ディー(Ron Dee)作 ※ネタバレしています※ 子供の頃から吸血鬼映画が好きな

記事を読む

吸血機伝説(The Stainless Steel Leach)

ロジャー・ゼラズニイ(Roger Joseph Christopher Zelazny)作 吸

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑