*

デュラン・ディーコン夫人

公開日: : 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

「ロンドンの吸血鬼」事件の、9番目の被害者。事件の犯人である、ジョン・ジョージ・ヘイグと同じアパートに住んでいた。90キロも有る大柄の中年女性。
1949年2月18日、ヘイグの部屋を訪ね、殺され、喉から血を吸われた。

ディーコン夫人の失踪が明らかになったとき、警察は、夫人に最後に接触した人物として、ヘイグを長時間取り調べている。このことを書いた新聞記事により、事件の7番目の被害者の兄、アーノルド・バーリン氏が、「ヘイグの周囲で失踪事件が相次ぐ」→「殺人鬼だ」と気づき、警察に通報したのが事件解決につながった。
ヘイグのアパートに踏み込んだ警察は、ディーコン夫人の所持品の一部と、溶け切れなかった遺体の一部を発見。ヘイグは逮捕された。

関連記事

ピーター・カッシング

俳優。ドクター・ヘルシング役者として有名。 ドラキュラ役者と言えば、ルゴシ、リー、ランジェラな

記事を読む

アルビン・グラウ Albin Grau

舞台装置デザイナー、建築家、画家。映画ノスフェラトゥで、美術デザインを担当した。オルロック伯爵の「鼠

記事を読む

E&H・ヘロン E&H Heron

イギリスの作家。ヘスキス・プリチャードと、キャサリン・オブライエン・プリチャードの合作ペンネーム。ヘ

記事を読む

ベラ・ルゴシ Béla Lugosi

ドラキュラ役者として有名な俳優。 ブロードウエイの舞台「ドラキュラ」(1927年)と、映画

記事を読む

マイケル・ヴィサロフ

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」と「古城の妖鬼」に出演した俳優。どちらも監督はトッド・ブラウニングであり

記事を読む

アルミニウス・ヴァンベーリ

ブタペスト大学の東洋語の教授。 20ヶ国語をマスターした語学の天才。 マルコ・ポーロの研究のため

記事を読む

赤川次郎

ミステリ作家。軽いテイストの、特に女性に好まれるタイプのミステリを量産し、一時は書店の文庫の棚が赤川

記事を読む

アン・ライス Anne Rice

アメリカのホラー作家。(1941.10.4~) 吸血鬼や、魔女などの登場するゴシックホラーを得意と

記事を読む

ウィリアム・ドラルド・マック・スワン

いわゆる「ロンドンの吸血鬼」事件(1946~1949)の、最初の被害者。 当時マック・スワンは

記事を読む

ラムジー・キャンベル John Ramsey Campbell

イギリスのホラー作家。 イギリスでは大物のはずだが、なぜか邦訳書が少ない気がする。 「神話」系の

記事を読む

PAGE TOP ↑