*

吸血鬼 I Am Legend

公開日: : 吸血鬼小説

リチャード・マチスン

※ネタバレしています※

不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸血鬼化しはじめる。ついに一人だけの人間になったロバート・ネヴィルは、吸血鬼化した町で生きていくために奮闘する。
吸血鬼よけの方法と、人間の吸血鬼化の謎を研究するうちに、ロバートは、病原菌が吸血鬼騒動の元凶であることを突き止める。
研究を重ねながら、孤独に生きるロバートの前に、ある日、人間と思われる女が現れ‥‥‥。

●登場する吸血鬼の特徴
・鏡が嫌い
にんにくが嫌い
・胸にを挿して退治できる
・日が沈んでから活動する
・血の気の無い青白い顔
・日光に当たると死ぬ
・火葬にし、体を滅ぼしてしまうと復活できない
十字架を怖がる(キリスト教徒でない吸血鬼には効かない)
・呼吸しない
鏡には映る
蝙蝠に変身することはできない
流水を苦手としない
・犬の吸血鬼もいる

●その他
・作中に、ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」が出てくる

●邦訳状況
「吸血鬼」ハヤカワ・ファンタジー 田中小実正訳
「地球最後の男」ハヤカワ文庫 田中小実正訳
「アイ・アム・レジェンド」ハヤカワ文庫 尾之上浩司訳

関連記事

吸血鬼

ジャン・ミストレル作 ※ネタバレしています※ 1757年、騎士ド・ヴィーユ・ヴェールは、

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

ヴァンピールの会

倉橋由美子作 ※ネタバレしています※ 美食家の木原氏が、道楽が高じて始めたレストランに、

記事を読む

選抜試験

エド・ゴーマン(Edward Gorman)作 ※ネタバレしています※ 殺し屋のリアダン

記事を読む

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン

記事を読む

夜だけの恋人

ウィリアム・テン作 ※ネタバレしています※ グロッパ郡の医師、ジャッド先生は、腕が確かで

記事を読む

生ける亡者の死

E・エヴァレット・エヴァンズ(Edward Everett Evans)作 ※ネタバレしていま

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑