*

F・マリオン・クロフォード Francis Marion Crawford

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 吸血鬼関連〈実在〉人名簿

最近は、ファンタジー作家として知られているが、時代小説も、ホラーもイケる。ホラーは、「上段寝台」「泣きさけぶどくろ」が特に有名。
「フランシス・マリオン」という名前と、メロドラマ風な作品から、女性だと思い込んでいる人がいるが、実は男性である。

●F・マリオン・クロフォードの吸血鬼小説
「血は命の水だから」

関連記事

フローレンス・アン・レモン・バルコム・ストーカー

ブラム・ストーカーの妻。 1878年にストーカーと結婚する前に、オスカー・ワイルドに求婚され、断っ

記事を読む

アン・ライス Anne Rice

アメリカのホラー作家。(1941.10.4~) 吸血鬼や、魔女などの登場するゴシックホラーを得意と

記事を読む

レイモンド・T・マクナリー Raymond T. McNally

作家、歴史家。(1931~2002) ボストン大学のロシア・東ヨーロッパ史教授を勤めていた。同僚教

記事を読む

エドワード・D・ホック Edward Dentinger Hoch

アメリカの作家。怪盗ニック・ヴェルヴェット・シリーズの作者である。 ミステリ作家であるが、作品から

記事を読む

フラックスマン・ロー

「ベールブラウ荘奇談」の登場人物。吸血鬼事件を解決する、心霊探偵である。 ローは、シリーズもの

記事を読む

菊地秀行

作家。翻訳も手がける。 SF、ホラーの愛好家。特に、吸血鬼マニアとして有名。 ハマー・プロの

記事を読む

アルビン・グラウ Albin Grau

舞台装置デザイナー、建築家、画家。映画ノスフェラトゥで、美術デザインを担当した。オルロック伯爵の「鼠

記事を読む

ジャン・レイ Jean Ray

ベルギーの幻想作家。(1887~1964) 怪奇よりも、ファンタジーで有名。 幅広い作風を持ち、

記事を読む

小泉喜美子

推理作家。元生島治郎の妻。 英語に堪能で、翻訳も手がけた。 海外文学を愛し、自らの小説にも、

記事を読む

クロード・クロッツ Claude Klotz

フランスの作家。 奇想天外なブラックユーモアを得意としながら、文章には、独特な詩情がつきまとう。

記事を読む

PAGE TOP ↑