*

変身

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 吸血鬼小説

ラムジー・キャンベル(Ramsey Campbell)

※ネタバレしています※

「おれ」は、友人の家で話し込んでいて遅くなり、妻が寝入っているはずの家に戻る。
「おれ」は、家の前に立つと、扉をあけるまえから、家の中に邪悪なものがあることがわかった。
そろそろと家の中に入り、邪悪な何かを払い落として部屋に進むと、愛する妻の喉に、「強力なやつ」がうずくまっている。
「おれ」は「強力なやつ」に対抗しようとするが、目を覚ました妻に、コップの水をぶっ掛けられる。

掛けられた水は、肌を焼くようだった。
そして、「おれ」は思い出した。
彼女の喉にあるのが、ロザリオだということ、コップの中身が、聖水だったこと、自分の外出の目的が、妻の姉の仇を討つために、ドラキュラ城へ向かったのだということ、出かける前に、家中にニンニクを吊るしたことを。
つまり、「おれ」はドラキュラ城で……。

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

吸血鬼

L・カプアーナ作 ※ネタバレしています※ 詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

吸血鬼 I Am Legend

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ 不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸

記事を読む

抑制心

星新一作 吸血鬼ショートショートの名作。こういう手があったとは。 (名作すぎるので、あらすじ

記事を読む

ドラキュラの客

ブラム・ストーカー作 ・「吸血鬼ドラキュラ」執筆の際に副次的にできた物語。ハーカーがドラキュラ

記事を読む

謎の男

作者不詳。 ※ネタバレしています※ ●ストーリー オーストリアの勲爵士、ファーネンベル

記事を読む

二階の下宿人

レイ・ブラッドベリ作 ※ネタバレしています※ 11歳の少年、ダグラスは、おばあさんが鶏を

記事を読む

ヴラド・ツェペシュが登場する小説リスト

ドラキュラ伯爵のモデル、ブラド・ツェペシュが登場する作品のリストです。 (会話の中などに出るだけで

記事を読む

血は命の水だから

F・マリオン・クロフォード(Francis Marion Crawford)作 南イタリアに、

記事を読む

ロス・ニーニョス・デ・ラ・ノーチェ

ティム・サリバン(Tim Sullivan)作 ※ネタバレしています※ 映画記者アントニ

記事を読む

PAGE TOP ↑