*

変身

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 吸血鬼小説

ラムジー・キャンベル(Ramsey Campbell)

※ネタバレしています※

「おれ」は、友人の家で話し込んでいて遅くなり、妻が寝入っているはずの家に戻る。
「おれ」は、家の前に立つと、扉をあけるまえから、家の中に邪悪なものがあることがわかった。
そろそろと家の中に入り、邪悪な何かを払い落として部屋に進むと、愛する妻の喉に、「強力なやつ」がうずくまっている。
「おれ」は「強力なやつ」に対抗しようとするが、目を覚ました妻に、コップの水をぶっ掛けられる。

掛けられた水は、肌を焼くようだった。
そして、「おれ」は思い出した。
彼女の喉にあるのが、ロザリオだということ、コップの中身が、聖水だったこと、自分の外出の目的が、妻の姉の仇を討つために、ドラキュラ城へ向かったのだということ、出かける前に、家中にニンニクを吊るしたことを。
つまり、「おれ」はドラキュラ城で……。

《邦訳状況》
ハヤカワ文庫「ドラキュラのライヴァルたち」に収録。小倉多加志訳。現在絶版。

関連記事

夜だけの男

スティーヴン・アトリー(Steven Utley)作 ※ネタバレしています※ エーリッヒ

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

隠れ家の吸血鬼

ヘザー・グレアム(Heather Graham)作 ※ネタバレしています※ 作家のクリス

記事を読む

ランプリング・ゲートの主

アン・ライス(Anne Rice)作 ※ネタバレしています※ リチャードとジュリーの兄妹

記事を読む

吸血鬼の夢

ディック・ロクティ作 ※ネタバレしています※ 引退した俳優(吸血鬼が当たり役だった)バイ

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

恐怖の名前

ローレンス・ワット・エヴァンズ(Lawrence Watt Evans )作 ワラキア公ブラド

記事を読む

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン

記事を読む

吸血鬼 I Am Legend

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ 不思議な砂嵐が起こり始めた町で、人々が吸

記事を読む

PAGE TOP ↑