*

吸血鬼

公開日: : 吸血鬼小説

L・カプアーナ

※ネタバレしています※

詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師モンジェリに語りだす。

ジョルジは、恋人ルイザと引き裂かれ、ルイザは別の男と結婚してしまった。しかし、ルイザの夫は亡くなり、晴れてジョルジとルイザは結婚した。
子供も生まれて幸せに暮らしていたが、やがて二人は怪しいものが家の中にいるように感じはじめる。ルイザは、怪しい存在は前夫だと考える。
ルイザは、「前夫が子供の口から血を吸っていた」と言い、その日から、健康だった子供が衰弱し始めた。

モンジェリは、前夫の遺体を焼却するようにアドバイス。焼却した後には、吸血鬼は現れなくなった。

●登場する吸血鬼の特徴
・口から血を吸う
・遺体の焼却で滅ぼされる
・吸血鬼になった理由は不明

《邦訳状況》
「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。

関連記事

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

変身

ラムジー・キャンベル(Ramsey Campbell)作 ※ネタバレしています※ 「おれ

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

墓からの悪魔

ロバート・E・ハワード作 ※ネタバレしています※ テキサスの農夫、スティーヴは、隣人のロ

記事を読む

杭なき人生

ケビン・J・アンダーソン(Kivin J Anderson)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

影のない男

シーバリー・クイン作 ※ネタバレしています※ オカルト研究家のジュール・ド・グランダンは

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

マグナス伯爵

M・R・ジェイムズ作。 ストーリー 古文書などの研究家、ラクソール氏の残した手記のかたち

記事を読む

わたしは、吸血鬼

ヘンリー・カットナー作 ※ネタバレしています※ 映画監督ハーディのパーティに出たマートは

記事を読む

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

PAGE TOP ↑