*

吸血鬼

公開日: : 吸血鬼小説

L・カプアーナ

※ネタバレしています※

詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師モンジェリに語りだす。

ジョルジは、恋人ルイザと引き裂かれ、ルイザは別の男と結婚してしまった。しかし、ルイザの夫は亡くなり、晴れてジョルジとルイザは結婚した。
子供も生まれて幸せに暮らしていたが、やがて二人は怪しいものが家の中にいるように感じはじめる。ルイザは、怪しい存在は前夫だと考える。
ルイザは、「前夫が子供の口から血を吸っていた」と言い、その日から、健康だった子供が衰弱し始めた。

モンジェリは、前夫の遺体を焼却するようにアドバイス。焼却した後には、吸血鬼は現れなくなった。

●登場する吸血鬼の特徴
・口から血を吸う
・遺体の焼却で滅ぼされる
・吸血鬼になった理由は不明

《邦訳状況》
「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。

関連記事

ロキュラダおじさん

ジョン・ラッツ(John Thomas Lutz)作 ※ネタバレしています※ ゴードンは

記事を読む

心中の虫

シリル・M・コーンブルース作 ※ネタバレしています※ 核実験の放射能の影響で、人の心の声

記事を読む

血の季節

小泉喜美子作。 ※ネタバレしています※ 昭和五十×年に起こった幼女殺人事件と、その犯

記事を読む

かわいいベイビー

カレン・ロバーズ作 6歳のピーターは、両親がルーマニアから連れてきて養女にした妹が好きになれな

記事を読む

生ける亡者の恐怖

マンリイ・ウェイド・ウェルマン(Manly Wade Wellman)作 「わたし」は、吹雪の

記事を読む

血税の島

ルイ=セバスチャン・メルシェ作 ※ネタバレしています※ 血合いソーセージを食べ過ぎた人の

記事を読む

パリ吸血鬼

クロード・クロッツ(Claude Klotz)作 ※ネタバレしています※ フェルディナン

記事を読む

アヴロワーニュの逢引

クラーク・アシュトン・スミス作 ※ネタバレしています※ 吟遊詩人のジェラールは、フルーレ

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

吸血鬼の村

エドモンド・ハミルトン作 ※ネタバレしています※ バートンとクロフトの二人は、トランシル

記事を読む

キャラクターランキング TOP10

当ブログで紹介している「吸血鬼作品に登場するキャラクター」の、

なんとなく画像をアップ その3

なんとなく画像、第三弾。 管理人が、本職の方で作ったものの画像を

なんとなく画像をアップ その2

別ジャンルのブログにアップした画像の中に、「なんとなく、吸血鬼っぽい気

ジェラルディン・ドヴォーラック

吸血鬼映画「魔人ドラキュラ」に出演した女優。ドラキュラの三姫の一人を演

吸血鬼パンツ

↓管理人所有の吸血鬼柄パンツ。 これは、管理人が知人から頂戴

→もっと見る

PAGE TOP ↑