*

吸血鬼

公開日: : 吸血鬼小説

L・カプアーナ

※ネタバレしています※

詩人ジョルジは、自分の家で起こった怪異を、医師モンジェリに語りだす。

ジョルジは、恋人ルイザと引き裂かれ、ルイザは別の男と結婚してしまった。しかし、ルイザの夫は亡くなり、晴れてジョルジとルイザは結婚した。
子供も生まれて幸せに暮らしていたが、やがて二人は怪しいものが家の中にいるように感じはじめる。ルイザは、怪しい存在は前夫だと考える。
ルイザは、「前夫が子供の口から血を吸っていた」と言い、その日から、健康だった子供が衰弱し始めた。

モンジェリは、前夫の遺体を焼却するようにアドバイス。焼却した後には、吸血鬼は現れなくなった。

●登場する吸血鬼の特徴
・口から血を吸う
・遺体の焼却で滅ぼされる
・吸血鬼になった理由は不明

《邦訳状況》
「ドラキュラ・ドラキュラ」に収録。種村季弘訳。

関連記事

暗い夜明け

W・R・フィルブリック(W. R. Philbrick)作 ※ネタバレしています※ ジョ

記事を読む

一九四四年のドラキュラ

エドワード・D・ホック(Edward Dentinger Hoch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

血の末裔

リチャード・マチスン作 ※ネタバレしています※ ジュールスは、吸血鬼になりたくてたまらな

記事を読む

マント

ロバート・ブロック作 ※ネタバレしています※ ストーリー ヘンダースンは、怪しい貸

記事を読む

ベールブラウ荘奇談

E&H・ヘロン(E&H Heron)作 ※ネタバレしています※ ベールブラウ荘には、昔か

記事を読む

コウモリはわが兄弟

ロバート・ブロック(Robert Albert Bloch)作 ※ネタバレしています※

記事を読む

カルデンシュタインの吸血鬼

1938年 フレデリック・カウルズ(Frederick Cowles)作 ※ネタバレしています

記事を読む

一本足の女

岡本綺堂作 ※ネタバレしています※ ストーリー 里見家の家臣、大滝庄兵衛は、ある日

記事を読む

炎の十字架

レスター・デル・リー作 ※ネタバレしています※ カール・ハールヘーファーは、土砂降りの雨

記事を読む

吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー(Bram Stoker)作 1897年刊行(イギリス) 世界で一番有

記事を読む

PAGE TOP ↑