倉橋由美子

日本の作家。クールに世相を描く小説も書くが、幻想・SF風味の作品も多い。翻訳も行った。

●倉橋由美子の吸血鬼小説
「ヴァンピールの会」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする