ウィリアム・テン

SF作家。ひねりのあるストーリーと、軽妙な語り口の中に風刺を秘めた短編を得意とする。

●ウィリアム・テンの吸血鬼小説
「夜だけの恋人」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする