マグダ・ラムデン

「隠れ家の吸血鬼」の主人公、クリストファー・ラムデンの妻。
吸血鬼ドレークに血を吸われ、吸血鬼にされてしまう。

プラチナ・ブロンドの、セクシー系美女。その美しさが、ドレークを引き寄せてしまう。
ドレークの誘惑に負けたマグダは、吸血鬼になり、ラムデンと別れる。(でも、自分が吸血鬼になったことを、多分あまり理解していない)

●「隠れ家の吸血鬼」収録のアンソロジーは、妖魔の宴 ドラキュラ編1」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする