埋葬時に、布を口の中に詰める

死者を埋葬するときに、屍衣の端や、死体を包む布の端を、死者の口の中に入れておくと、死者は墓から吸血のために出てこないといわれる。
要するに、「何か噛ませておいて、人を噛むのをやめさせよう」という発想であり、一種の「おしゃぶり」であろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする