ラドラック

「血の季節」に登場する吸血鬼。ヘルヴェティア国の外交官。戦争中、日本のヘルヴェティア公使館に滞在中に死亡。青い目の、長身の美男子。

ルーマニアに赴任したことがあり、トランシルヴァニアや、バルカン諸国の事情に詳しい。作中では説明されないが、おそらくルーマニアでの赴任期間に、吸血鬼となったと思われる。

(おそらく、日本に来てから) ヘルヴェティア公使夫人の血を吸い、吸血鬼にした。
作品中に登場する精神科の医師によれば、「故意にドラキュラに似せた名」を名乗っている。

吸血鬼としての特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする